雪道などで発揮

雪道に威力を発揮するタイヤ

皆さんも雪道の自動車の運転で苦労なさった経験をお持ちかもしれません。凍った路面を走るのはとても不安ですよね。下り坂や上り坂などの運転は、スリップの恐怖と隣り合わせでとても神経を使います。そんな雪の路面を走るために開発されたのがスタッドレスタイヤと呼ばれるタイヤです。 スタッドレスタイヤは、通常のタイヤと比べ深い溝やサイプという特殊加工がされています。これらの構造により雪の路面でのグリップ力を増して安全な運転を助ける効果を期待できます。これまでは金属製のチェーンをタイヤにかぶせることで雪道の安全を確保するというのが一般的でしたが、路面の損傷や有害な車粉を発生させることが問題視され、現在ではスタッドレスタイヤが多く利用されています。

タイヤだけに頼らず安全運転を心がけよう

このスタッドレスタイヤは雪道を走るのに便利ですが、問題点も指摘されています。スタッドレスタイヤの使用で、まるで鏡のようなツルツで危険な路面を作り上げてしまったりします。また塩化カルシウムなどの凍結防止剤の増量などです。これらの増量は車体に悪影響を及ぼす可能性があります。また、常に雪が降り積もる地域ではない場所では、路面の温度がスタッドレスタイヤの性能を発揮できにくい温度である場合があるという点もあります。今後は、技術革新によるこのような問題に対処できるタイヤが開発されていくことを期待したいですね。 一番の安全策はスタッドレスタイヤだけに頼らず、運転を正確に安全に行うということでしょう。皆さんもスタッドレスタイヤの使用と安全運転を意識して雪道の運転を行いましょう。