ホイールを変える

ドレスアップの決め手

自動車が開発されたときから、車体と同様にタイヤ、ホイールは重要な基本要素のひとつです。 車体は誰が見ても一目で違いや優劣、好みなどを言うことができます。 一方、ホイールはぱっと見た目では注目しないかもしれませんが、車体と同じくらいに重要です。 大昔は馬車からの流れで、単に馬車のタイヤを強化したぐらいのレベルの木製のホイールだったのが、鉄になり、アルミやマグネシウムなどになっていきました。 自動車メーカーが廉価版のシリーズに純正でつけているホイールは鉄製が多いです。 これをオーナーがドレスアップしたり、メーカーでもグレードの高いものだとアルミ製のホイールに変更しています。場合によっては、アルミではなく、マグネシウムのものもあり、よりおしゃれで軽量になっています。

ドレスアップだけでなく、省エネも

ホイールはタイヤを支えるだけでなく、前述したようにドレスアップの一つでもあるので実に多くの種類があります。 あまりホイールなどを気にしなかった人が、専門店で眺めてみるとびっくるするくらいの種類があるのに驚くと思います。逆に、その中から自分のお気に入りを見つけることは楽しいことです。専門店に行かなくても、雑誌やWEBなどからも多くの情報が得られますので、ドレスアップしたいと考えている人は、十分に検討したほうがよいです。 また、ドレスアップのためだけでなく省エネのためにもホイール交換が有効です。特に鉄から、アルミやマグネシウウムに交換するとその分相当な軽量化ができますので燃費もさらに向上します。 最近ではタイヤ自身も低燃費タイプのものが多く発売されていますので、タイヤと合わせて交換するば、より省エネ効果は高まります。