長持ちさせるには

スタッドレスタイヤを長持ちさせる

スタッドレスタイヤは雪道や氷の道を走るときに通常のタイヤよりも滑りにくいタイヤです。そのため、雪国などで車を利用する人にとっては必需品のタイヤになっています。 スタッドレスタイヤには寿命があります。通常のタイヤよりも短く、この期間を超えて走行してしまうと効果が薄れてしまいます。そこで、上手に延命をしながらできるだけ長い期間走行させるのがポイントです。 延命させるには、スタッドレスタイヤのゴムの部分をいかに劣化させないかがポイントです。こまめにワックスをつけたり、保管場所も高温多湿になってしまうような場所を避けて保管するだけで、タイヤの寿命を1年から2年ほど長持ちさせることができるのでメリットがあります。

使わなくなったら夏タイヤとして利用

スタッドレスタイヤは冬のシーズンのタイヤのイメージがあります。しかし、毎シーズン履いて走行をしているとやがでゴムが劣化して、スタッドレスタイヤとしての機能が徐々に薄れてきます。薄れてくるまでの期間はおよそ3年から4年といわれますが、この期間を過ぎてしまったからといって処分してしまうのはもったいないです。 そこで最近のトレンドとしては、スタッドレスタイヤを夏タイヤとして有効活用してしまう方法です。多少走行音がうるさくなったり、燃費が悪くなるなどの問題がありますが、車のタイヤとしては十分な性能を兼ね備えています。 また、古くなったスタッドレスタイヤは買い取りもしてもらうことができます。これも最近の流行りになっています。